Facebookのその先へ。第二次出会いムーブメントが始まる

[2015/5/18]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

city-cars-road-houses-large

生活に彩りを加える絵の具の種類は、人それぞれだ。趣味の場合もあれば、友人・家族との時間かもしれない。しかし、等しくそこにあるものは、人と人との関係性である。

人は決して1人では生きて行けず、古今東西これからも、その有りようは変わらない。

実名性のSNS・Facebookの登場は、私たちの世界を出会いの渦で包んでいった。最初は、今つながっている人同士がネットワーク化されていったわけだが、あるところから、古く懐かしい友人達との再開の場ともなった。

そこから更に、近い志向を持つ人達がグループを作り、そのオンラインのつながりから、リアルに知り合う友人も増えていったのである。 

そして、これから始まるトレンドは、この延長にある第二次出会いムーブメントである。

例えば「8 ^ 8」は、”もう1人の自分と出会う”と称し、ソウルメイトを見つけるサービスだ。ソウルメイトとは、魂の片割れとも言える人のこと。ただそれは、決して恋人同士のことだけではない。親友であったり、本当に気の合う仲間のことである。

「8 ^ 8」にある8つの質問には、それぞれ8つの答えがある。8の8乗となると、16,777,216分の1となるわけだ。回答をする同じくする奇跡の1人と巡り会うことがコンセプトである。

今後は、どのようなトレンド本格的に始まっていくかというと、SNS×ビッグデータによる出会いのムーブメントである。例えば、モノづくり系イベントに参加する。その参加者の中でも、更に自分に近い志向、目標を持つ人は誰なのか?ということ分かり、オンライン上でマッチング。お互いの了承が得られれば、会場近くのカフェでお茶をする、なんてことが気軽にできるようになるわけだ。

そこにそもそもニーズがないのでは?と思うかもしれないが、これからはあらゆる意味において、関係性が軸になる。その軸となる関係性の広がりと強化は、生きるという意味においても、仕事という意味においても重要性は激増する。人間関係やお客さんというのは、これまでのように簡単に数字で現すことはできなくなるのだ。

新たな出会いとその関係性の中で、人間の生活は彩りを深める。第二次出会いムーブメントへの助走はもう始まっている。

【クエスチョン】
・「本当に気の合う人同士が、つながる」をテーマにこれまでにないサービスを考えてみよう!

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を