人間が描いたような絵を筆で描くロボット「e-David」

[2013/7/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

e-David Robot Painting from eDavid on Vimeo.

ドイツのコンスタンツ大学の研究者によって作られた絵を描くロボット「e-David」。

こちらは精巧な鳥の絵。

スクリーンショット 2013-07-28 20.00.46

温かな人間味のある絵も。

スクリーンショット 2013-07-28 20.01.06

カラフルな絵も描けます。

スクリーンショット 2013-07-28 20.00.25

筆を使うアームは、組立ラインの溶接用のもので、コンピュータもカメラも特別なものを使っているわけではなく、一般的なものを使用しているようです。

こういったアートの世界にもロボットの波が押し寄せてきます。

どこをテクノロジーが補い、どこを人間が行うか?

medium_7580844942photo credit: wakingphotolife: via photopin cc

今後、仕事は極限的に科学的なもの、また、極限的に人間的なものに別れていくのでしょう。もちろんそれがハイブリッドに組合わさることもあります。

極限的に科学的なものというのは、ビッグデータを使ってあらゆる人間の動向を科学的にウォッチしていくデータサイエンティストという存在があります。

WEB上で人々がどのように行動するのかという詳細を分析し、それに合わせたマーケティングを組むといった仕事です。

また、人々を感動させるという意味においては、より人間的なものが求められるのでしょう。今回の絵に関しても、ロボットによって、印刷とはまたちょっと違う人間味のある絵を描けることは十分に分かります。

しかし、そこに感動というか、感激というかがあるかどうかというところなのでしょう。それは、絵を描いたバックにあるストーリーというところもそうですし、そこに込められる思いなどもそうでしょう。

どこをテクノロジーで補い、どこを人間が行うのか、そんなワークデザインが今後非常に重要です。

スクリーンショット 2013-07-28 20.00.25

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を