等身大のホログラムを空間に映し出すことができる「HOLOVISION」

[2013/7/19]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2013-07-19 8.56.53

Kickstarterに、メガネや画面の必要ない「ホログラム機器」開発プロジェクトが投稿されています。

HOLOVISION: A Life Size Hologram

米国カリフォルニアに拠点を置くProvision Interactive Technologies社が開発しており、空間に150cmほどの人間サイズのホログラムを投影することができます。

こちら「等身大のホログラフィックディスプレイのための最初のアプリケーションとなる」と宣言しています。小型化を目指し、家庭用ゲーム機や商業施設をはじめ、様々な場所での利用を考えている模様。

この動画は、インスピレーションが湧くのでおススメ。立体ホログラフィック技術の可能性を感じ取れます。

ちょっと気になるのは、チャレンジ金額。95万ドルとは、中々大きなお金。しかし、達成できなかったとしても注目していきたい技術です。

 

3Dプリンタと立体ホログラフィック技術の合流地点

こちら以前もご紹介したMicrosoftの研究部門”Microsoft Research”が発表した、3D映像を手でつかんだり動かしたりできる「Holodesk」。

【参考】
ジェスチャーで3Dデータを作り出すShape-It-Up。そして近い将来、仮想物体とリアルな物体は限りなく近づく

スマホやタブレットPCから浮き出たホログラムを触りながらショッピングをするなんていうことも当然考えられますが、それだけではまだ弱い。

ただ空間に浮き出るだけの立体ホログラフィックを商業利用するというのはインパクトが薄く、多くの人がわざわざ使うことはないのだろうと思います。

しかし、仮想物体が現実の物体に近づくプロセスにおいて、それは社会を変える大きなインパクトになるはずです。映し出されたホログラムが「質感」や「重さ」を実現できる時が来た時は非常に面白くなるということです。

そして、3Dプリンタで作ったリアルな物体と、これらのホログラフィック技術が重なったところに面白いモデルが多数登場してくると感じています。

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を