幸福量保存の法則

[2012/6/25]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Medium 4463360814photo credit: Pink Sherbet Photography via photo pin cc

 

先日こんなニュースがありました。
「半数以上が「日本の社会は幸福でない」と回答―”幸福度”調査結果」

そこで「幸福量保存の法則」という考え方について少し書きます。
 

こちらどういうことかというと、幸福とは何かに比べて良くなった時
に上昇し、何かに比べて悪くなった時に、減少するいう傾向性です。
それは、個人においても、社会においても同じような傾向性を
持ちます。 


個人で当てはめれば、大病を経験した等、不幸を大きく感じた
方ほど、なんでもない日常に大きな幸福感を感じることができ
ます。また、大きな権力を持てば持つほど、それを失った時の
不幸の衝撃は大きいです。 

 

しかし、1つ幸せを感じる瞬間をとっても、いままでの劣悪な
状態から、思い通りの環境に変わったその落差にあります。 

 

そして、幸福量保存の法則とは、その不幸も幸福もその
振れ幅を足せばとトータルでは同じになるのでは?という考え方
です。 

 

社会においてもその傾向性を持つ

 

Honoophoto credit: alles-schlumpf via photo pin cc

 

上記は個別の傾向性ですが、これは社会、世界においても同じ
一見同じように見えます。経済発展していない国々が世界中に
あるから、日本は相対的に豊か、幸福に見えるわけです。
 

アメリカという国も、日本があるから、また経済的な途上国が
あるから豊かに幸福に見えるという側面もあります。
つまり、社会における幸福量保存の法則とは、豊かでない国、
幸福でない国と豊かで幸福な国の幸福度の総和は同じに見える
ということです。

これを考えたとき、ふと気付くことがあります。
それは、幸福とは人や環境と比べたら、その幸福はとても
崩れやすいものだということです。幸福というよりも単なる
優越感のようなものなのかもしれません。 
 

しかし一方、単純に「自分の中の幸福」があきらめであったり
逃げになってしまっては意味がありません。どこまでも
社会と関わることが人間の生活であるからです。つまり、
失意泰然(しついたいぜん)得意淡然(とくいたいぜん)
というような、人格の形成の中に、相対的ではない真の
幸福論があるのかもしれません。

幸福の研究、議論は、ますます活発化していくと思います。
これからも注目していきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を