無から有を生み出す。切り株を使って素敵な長テーブルを創造する

[2016/2/7]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

thomasdelussacdesignboom01

切り株は、端材と言われ基本価値がないものとされている。よって、丸太を運び出しても切り株は森に置きっぱなしとなる。…しかし、デザイン次第では新たな価値が生まれてくるかもしれない。

プロダクトデザイナー・Thomas de Lussac氏が創造したテーブルは、ご覧の通り切り株に板を組み上げたテーブルである。

Racines-carre-artisans-Perchebois

切り株だけのテーブルはこれまでもあった。しかしそこに、板を組み上げることで新たな価値を提案している。

時代は木を求めている。リビングのテーブルはもちろん、オフィスやコワーキングスペースのテーブルにもいいかもしれない。そして、長テーブルだけでなく切り株の価値を上げるアイデアはまだまだあるのではないか?デザインは世界を変える力を持っている。

Racines-carre-1200x600

Thomas de Lussac : Web / Facebook

 

オンラインサロンでもっと深い情報と交流、コラボレーションを。
Social Design Salon

social-design-salon

thomasdelussacdesignboom01

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を