仲間の「尊敬」が幸福をもたらす

[2012/6/28]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

photo credit: fanz via photo pin cc

米カリフォルニア大学バークレー校に所属する心理学者、キャメロン・
アンダーソン氏は、周囲からの「尊敬」が幸福の大きな鍵という
研究結果を発表しました。
Money Really Can’t Buy Happiness, Study Finds
Happiness tied to respect, influence, not wealth

方法は、12グループ・80人の学生を対象に聞き取り調査を行い、仲間から
尊敬されている度合い、周囲の格付け、まとめ役としての立場、家庭の
収入などについて情報を集め、社会的な幸福感をそれぞれ比較しました。

学生の幸福感は「仲間内で受け取る賞賛」と関連しており、富や
収入とは無関係という結果であったようです。ちなみにMBA学生を
対象とした別の調査でも、同じ結果となった模様。

アンダーソン氏によると、高収入や富が幸福につながらないのは、
富裕な状態に人はすぐに慣れてしまうため、ということです。

確かに、「お金」や「物」の幸福感は、手に入れた時がピークで
あとは、日常に同化していってしまう印象はありますね。 

このような「慣れ」を生じない幸福の鍵は、周囲からの尊敬という結論
はよく分かる気がしますね。

コミュニティーが経済の出発点となる

photo credit: ERIO via photo pin cc 

この結果からも、「21世紀のコミュニティー経済の発展」という文脈も
よく分かってくると思います。幸福の鍵は他者からの尊敬とすれば、
それをもたらしてくれるのは、世帯あたりの人数が現象したが「家族」
でなく、人間を「機能」としてしかみない「企業」でもない。

今注目を浴びる、地域のコミュニティー、ボランティア活動のグループ、
趣味のコミュニティーであり、それが広がった事業型NPOやソーシャル・
ビジネス、また企業で言えば関係者や顧客のコミュニティーにあるという
ことです。

これからは、「市場から」ではなく、「コミュニティー」から発想して
価値を作り、その価値は、相互につながったコミュニティーを通して伝播
します。これは、もう多くの人が「うん、分かる、分かる」と頷けるくらい
普通になってきているように思います。 

つまるところ、「お互いが尊敬しあえるコミュニティー」を作れるところが
新たな経済圏を生み出していくことになる、と言えますね。

 

lion

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を