森の中だけでプレリリースアルバムを聴くことができる!問われる情報と空間の関係性

[2015/5/22]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

NB8TI7JLMP

情報と空間の関係性をどのようにデザインするのか?今私たちが密かに問われている命題である。

スウェーデンのバンド「John Moose」のデューアルバムが面白い。森に入ると、このプレリリースされたアルバムを無料で聴くことができる。どのように、その人が森にいることを確かめるかと言えば、スマホのGPSである。

アプリをダウンロードし、そのアプリ経由で音が再生されていく。喧噪を離れ、静寂とともに音楽を聴くことを暗に提案している。

スクリーンショット 2015-05-22 10.03.49

音楽というものも、単純に音だけを聞かせる時代ではなくなった。情報と空間の関係、またそのアーティストとどのような関係性を築くのか?というところにまで、考えを巡らさなければならなくなった。まさにAKBは、その時代を象徴している。

もちろん、その取り組みそのものが、アーティストのポジション、ブランディングまでにも多大な影響を及ぼしていく。

AR、VR時代を迎えようとする中では、アーティストだけでなく、あらゆる会社、団体、人が、情報の空間的デザインを模索しなければならない時代になった。情報密度の高い空間は、これまでにない新たな現実を生み出していく。

【クエスチョン】
・John Mooseの取り組みを参考に、これまでにないブランディング&マーケティングアイデアを考えてみよう!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を