ペットの共有支援の可能性も。年間の料金を払うと、誰もが地域のペットにふれあうことができる

[2015/9/4]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-09-04 10.41.04

ペットだって、共有という選択肢があってもいいのではないか。

BorrowMyDoggy」は、年間の料金を払うと、誰もが地域の好きなペットにふれあうことができるサービス。犬や猫が好きだけれど、マンションなので動物は飼えない…。特に都市部では、そう考えている人は少なくないだろう。そういう場合に、重宝されるサービスだ。

スクリーンショット 2015-09-04 10.40.48

捨て猫、捨て犬問題は、日本においても大きな社会問題である。ソーシャルメディアでも、飼ってくれる人いませんか?という投稿はよく見かける。助けたいのは山々だが、家にペットを飼えない事情がある、という場合も少なくない。

であれば、同じようなペットの共有システムを構築して、ペットを支援するということはできるかもしれない。いわゆる、チャイルドスポンサーシップならぬ、犬猫スポンサーシップだ。定期的にサポートしているペットに会いに行ったり、遊んだりもできるという仕組みにすることで、単なる寄付とはちょっと変わってくるはず。

これまでアイデアとしてはあったけれど、なかなか実現できなかったサービスを、情報密度の高い時代には実現できる可能性がある。共有のコンセプトは、命を大切にする社会との相性がいい。

スクリーンショット 2015-09-04 10.41.04

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を