2020年代に主流の1つとなるか。Airbnbの影でじわじわ影響力を広げるNightswapping

[2016/2/13]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2016-02-13 15.07.29

お金を介さず宿泊する部屋を交換するサービス「Nightswapping」がじわじわとその影響力を広げている。

【参考】
お金を経由しない交換型のAirbnb。スワップコマースはあらゆる領域に広がって行く

自身の部屋を利用者に無料で提供すると「Night」という仮想通貨を得ることができる。得た「Night」で、次は自分が部屋を無料で利用できるというもの。現在160ヶ国、15万人以上が登録、利用をしている。

訪れる場所を検索すると、部屋を貸し出していいと思っている人達の部屋が現われる。Tinder形式のUIで、スワイプしながら自身が借りたい部屋を選んでいく。

スクリーンショット 2016-02-13 15.07.53 
Airbnbと同様に、部屋や物品の破損等への保険にも加入することができ、最大45万ユーロまでお金がおりる。

Airbnbの優位性はこれからも変わらない。しかし、お金よりも人と人の関係性がモノを言う時代へとゆっくりと移り変わっていくそのスピードで、Nightswappingのような交換プラットフォームも支持をされていくのだろう。そして、価値観のシフトとそれを後押しするようなIoTの普及の中で、2020年代に「交換」は、消費の一大潮流として認識されている可能性は高い。

Nightswapping : WEB / Facebook

 

オンラインサロンでもっと深い情報と交流、コラボレーションを。
Social Design Salon

social-design-salon

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を