Apple Watchを使いながら充電できるウェアラブルバッテリー

[2016/8/8]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2016-08-08 17.20.58

充電の問題は今でも切実だ。いや、このテクノロジー時代だからこそますます切実になっていくのだろう。

ご紹介するのは、Apple Watchを手首に付けながら充電できる「Reserve Strap」。このコンセプトを待っていました!という人は多いはず。

strap_hero_white_closed

簡単に充電バッテリー付きのバンドと取り替えることができ、その後は30時間も利用し続けることができる。出張や旅など遠出する時のみならず、常時持ち歩きたい人も多いことだろう。

home-left-right-image-1

価格は249.99ドルで現在、予約オーダーを受付中。スマートウォッチ保持者には必須のコンセプトであると同時に、「ウェアラブル○○を『身につけながら充電』する」というサードパーティーアクセサリが、人々の要求に応じ多種登場することだろう。

home-full-width-1-image 

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を