WiFiのUber。使わなかったデータ通信量を近隣の人と共有して収入を得る!

[2016/12/6]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2016-12-06 16.30.36

もはやあらゆるものが共有対象だ。それは目に見えるものだけではない。 

オーストラリア発の通信版Uber「Velvet」は、自身が契約しているWiFiの通信データを共有し、収入を得ることができるサービスだ。現在、世界には12億を超えるWiFiデバイスがあり、通信の71%がこのWiFiで行われているという。

利用方法だが、まずはHotshotと呼ばれるデバイスを60ドルで購入する。その後自分は毎月どれくらい通信量を使っているかを確認し、共有するデータ量を設定。最大で10GBまでをシェアでき、1GBあたり3.36ドルの収入が得られる。

スクリーンショット 2016-12-06 16.29.02

利用者が共有されたデータ容量を使いたい場合は、500MBあたり2.5ドル、1GBあたり5ドル支払うと言うモデルだ。

スクリーンショット 2016-12-06 16.29.38 
誰もが契約された通信量を毎月完璧に使い切ることはできない。定期的に契約を見直すのも面倒、繰り越しプランでも結局たまる一方であり、売れるなら売ってしまいたいと言うニーズは高いだろう。より細かくより安く、データ通信量が共有されゆく仕組みは、どの地域においても求められているに違いない

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

スクリーンショット 2016-12-06 16.30.36

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を