チャットボットテンプレートのマーケットプレイスとBot to Botのトレンド

[2017/4/10]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2017-04-10 20.33.58

チャットボットは、業界によってある程度ベースの対応形態がある。顧客から問われる質問、その際にこちらが提案すべきこと。そういうものはテンプレートとして提供してくれたら嬉しいだろう。

Bot Store」は、そのようなニーズを満たすチャットボットテンプレートのマーケットプレイス。レストラン用ボットからカスタマーサービスボット、ミュージシャン用のボット、スケージューリングボット、天気予報ボットまで様々なテンプレートがある。

スクリーンショット 2017-04-10 20.32.01

FacebookやSMS、Slackなどに対応し、自ら作ったボットテンプレートをアップロード、提供することもできる。

スクリーンショット 2017-04-10 20.32.27  
また、ボットを設計しようとする場合にはコーディングの必要なく、ドラック&ドロップでフローチャートを作成するような流れでボットを作り上げていける。

editor

このトレンドの中で、あらゆる事業のカスタマーサービスの多くが、急速にチャットボットによって対応されていくようになる。また今は、ボットと人間のコミュニケーションだが、今後はボット同士がコミュニケーションをはかり出す。自身のショッピングボットが、あるEコマースサイトのボットに語りかけ、価格交渉をするような近未来が見えている。そこにはAPIからBot to Botへという潮流がある。ボットの進化は、私たちの仕事や生活のあらゆる取引コストを大幅に削減する可能性を秘めている。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

スクリーンショット 2017-04-10 20.32.27

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を