100年キャリア時代、スタンディングデスク×バランボードで足腰を作る

[2017/9/19]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

360251_3_800 
90歳以上の人口が200万人を突破し、全就業者に占める65歳以上の割合は11.9%にまで高まっている。これからもこの人口、割合は伸びるばかりだ。誰もが日常的にトレーニングをして、健康的な100年キャリアを目指す時代になった。

またデスクは、今や「作業」ではなく、最も付加価値の高い仕事が行われる場所になりつつある。しかし、一日中座ってばかりの仕事環境が、いかに体に悪く寿命を縮めるかの研究が広く行われ、実証されるようになった。結果、スタンディングデスクの認知は広がり、導入も加速している。

そして、さらにそれを強化するためのツールも登場してきている。「Pono Board 2.0」は、スタンディングデスクの負荷をよりかけることができるバランスボードだ。

17972309_1480955438623280_3960837400163721114_o

木の板の4つ角にゴムボールがついているような構造で、気を散らすことなくボードが左右上下に小さく動き、身体の軸を強化できる。もちろんカロリー消費も大きくなる。

スクリーンショット 2017-09-19 13.19.43

忙しい人類が志向する「ながらトレーニング」のニーズは高まり、一層このようなコンセプトは注目されるようになりそうだ。

18955050_1537702122948611_6337630689946711646_o

ちなみに、Pono Board 2.0価格は185ドル(約2万円) 。スタンディングデスクを導入している人が、次に投資を考えるプロダクトの1つだろう。

via: Pono Ola,Facebook

新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon」

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を