【コラム】それぞれの人間が持つ『香り』が生まれるところ

[2017/12/15]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

人には『香り』がある。全く同じ顔の人がいないように、香りも千差万別だ。

その香りは、当の本人にはなかなか分からないものでもある。自分で自分のいる部屋の匂いがわからないのと同じだ。

しかし、そこに香りは確実に存在しており、周りの人間は、その香りに敏感に反応している。多くは無意識的かもしれない。

その香りをより良くしようとか、強化しようというのは、なかなか簡単ではない。

香水をつけたり、何か特別なものを身にまとうことではないからだ。醸し出される雰囲気でもあり、精神からほとばしる何かだ。

その香りが形成されていく場所がある。それは、『人が見ていない時に何を考え、何をやっているのか』だ。これが人間の香りとなっていく。

繰り返すが、人が見ている時ではない。人が見ていない時だ。

その時の思考、行動が自身の香りとなる。人を癒し力づける香りにもなれば、人に嫌悪を与える香りにもなり得る。

人間が発し、人間が感じ取っている情報は、思いのほか膨大である。

 

新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon」

12528136_848501521927863_1017628464_n

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を