これからのメディアの「メイカーズ的事業モデル」について

[2012/12/25]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

昨日の2012年12月24日の日経新聞に、糸井重里事務所が運営する「ほぼ日」がメイカーズ的だと紹介されていました。

なぜメイカーズ的かと言うかというと、「あったらいいな」を「モノ」として販売する事業を展開している意味からです。

今年2012年、糸井重里事務所はポーター賞を受賞しているのですね。味の素ファインテクノ株式会社や、じゃらんnetを運営する株式会社リクルートライフスタイルなど名だたる大企業と並んでの受賞です。

ちなみに、ほぼ日の月訪問者数は111万人。PVで言うと1日140万PVを超えるようです…。圧巻ですね…。

そして社員数50人で年商28億円。手帳や土鍋を販売しているイメージはありましたが、ここまでとは…。

ほぼ日ストアを見ても、服からバッグ、そして日本茶まで。なんかいろいろ売っているんですね〜。

コンテンツの幅も非常に広いです。細かく見ていくとビックリ。

「まあ、糸井さんがやっていることだから…。」とあきらめてスルーしてしまうにはもったいない事業モデルです。

 

21世紀のメディアのマネタイズ方法は、メイカー的発想が不可欠

photo credit: Unitopia via photopin cc

今、メディアは視聴率やPV至上主義による「広告費」での運営か、そのコンテンツの「(分割)販売」、またはそのコンテンツを切り口にした「セミナーや講演」事業がマネタイズの柱になっています。多くのメディアはなんとか行き詰まりを打破しようと、これらの方法をひたすらに試行錯誤しているのが現状です。

しかし、21世紀のメディアのマネタイズの大きな柱の1つは「ものづくり」だと思っています。

例えば、メディアが3Dプリンタなどデジタルファブリケーションの仕組みを取り入れ、取材した東北の被災地の企業と共同で「製品」を作ること。ドキュメンタリーを撮影した人と共同で、新たなブランドを立ち上げるということもできるでしょう。これを最小限のリスクで行うことができる、というところがポイントです。

また、小さくネットメディアを運営する人からすると、「ほぼ日の事例は、糸井重里さんのブランドと、それからもたらされるアクセスがあるからできることじゃないの?」と思われるかもしれません。はい、その通りです。(笑)

しかし、このハードルはメイカーズムーブメントの中でどんどん下がっていきます。それを伝えたくSocial Design Newsでも取り上げさせていただきました。

先日、私はSocial DesignのiPhoneケースを3Dプリンタで作ってみて思いました。「商品は簡単に作れるな…。後はそれが社会に必要か、また欲しがられるかどうかだな…」と。これからは、iPhoneケースどころではなく、もっといろいろなモノが作れるようになります。

ちなみにですが、このSocial Design Newsは、私のコンサルティングフィーや講演や勉強会、また一部のメディア出演で運営されています。

Social Design Newsのコンセプトは、「社会を良くする近未来インスピレーション情報」です。お読みいただいた方が、近未来の社会のあり方、近未来の事業モデル、近未来の働き方などに良いインスピレーションを与えられるかが、勝負であり、この情報の質をひたすらに高めていくことが最重要課題です。

それが評価経済社会における前提としてある中で、今後の貨幣経済におけるマネタイズの柱の1つは「読者の皆様が、こんなのがこの価格であったら、絶対欲しい!というものを作り、販売するというのが一番良いカタなのかもしれない」と思い始めています。

つまり、ものづくりにおけるリーンスタートアップを、人を集めることのできるメディアが行うということです。

そして、このモデルは人を集めることのできるソーシャル・ビジネス、NPOも大いに活用できます。小さなメディアを立ち上げ、全ての行動、または関連情報を「読者の方が読みたいコンテンツ」としてまとめ発信する。

それにより、コミュニティーを拡大していき、その人達とともに「あったらいいな、と思うモノ」を作り、提供していく。インフラが整ってきているので、その商品はグローバルにも展開していける可能性も出てきます。

これは、3Dプリンタが普及した3年後でいいかな?ではなく、もう今から試行錯誤を始める必要があると思っています。この辺りの情報も逐次発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を