3Dプリンタで作った木の腕時計と地元素材の新たな利用先

[2014/12/15]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

20141208092525-21

3Dプリンタを震源とする地響きは、その影響を各業界へと広げ続けていく。

木材を3Dプリンタの材料にするという動きは、これまでも追ってきたが、その展開は益々幅広く面白くなっている。

【参考】
可能性はどんどん広がる!3Dプリンタの材料に「木」も登場
日本から世界初!工業用ハイエンド3Dプリンタの木質材料「ウッドライク」

クラウドファンディングサイトindiegogoにて、ポーランドのデザイナーが木の素材を利用した3Dプリント腕時計を投稿している。

Jelwek Watch

本格的な機能を持った腕時計であり、その重さは44gと軽量。そのデザインは、ナチュラル系を支持する人ならずとも惹かれるものとなっている。

20141209083735-5__1_

3Dプリンタを使って製作するための時間は、約5時間ほど。また気になる価格は120ドルだ。

20141209083752-4__1_  
3Dプリンタで何を作って販売するべきか?という問いに、この事例は、興味深い示唆を与えてくれる。

地元の素材だけを使うメーカーの潮流

limited-slide

高品質なアウトドアウェアを販売するTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)が限定販売した「Backyard Hoodie」。

こちらは、半径150マイル(241キロメートル)以内の素材で作った衣類である。地元の素材のみを利用するというところに、大きな支持要素がある。

先日、長野で地域に根ざした環境系NPOの理事を務めておられる方と様々な話をしていた。そこで、こちらの取り組みの話をしたところ、「例えば、県内の素材のみで作った服ブランドがあったなら、私は絶対買いますけどね。是非、こういうメーカーがたくさん生まれて欲しいなぁ」という反応をされていた。

地産地消と言えば、これまで食品などに限定されていた。しかし、衣類のようなものでさえ、今後は可能性が出てくる。また、今回ご紹介したクールな腕時計のようなものでも可能となっていくのだ。

ちょっとした気合いさえあれば、私たちがチャレンジできることは、本当に多くなっている。そしてそのチャレンジは、成否を問わず、次の経済社会の肥料となり、その土壌を支え続ける。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を