家庭からオフィスまで、マルチな支援をしてくれるアシスタントロボ「Personal Robot」

[2015/1/13]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-01-13 9.45.14

パーソナルロボットの基本モデルの模索が始まる。

どんなロボットがどこにどのような時に必要なのか。顧客のニーズを汲み取り、場所に合わせて最適なロボットを提供するための世界的な大実験がスタートを切る。

画面の上にアニメーションの女性が映し出されるパーソナルロボット「Personal Robot」がCES2015に登場した。現在、Kickstarterでも資金調達中である。

スマホに付いている基本的なパーソナルアシスタント機能はもちろんであるが、自宅で利用する場合であれば、 料理をフォローしてくれたり、

9b30036584b93c1d60e0a04aca486547_large

自宅を監視するセキュリティーガードとしても動いてくれる。

01692afefb1bfb1d78b82d5b019d9507_large

また、皆で食事をした時のカメラマンにもなる。感情も読み取れるので、皆が笑顔になった瞬間の写真を撮影してくれるわけだ。

2628998971d01f9028002aee8a1f9afa_large

今後は、特にオフィス用のロボットにも注目したいところ。例えば、次のようなことを全て行ってくれるようであれば、なくてはならない存在になる可能性は高い。

・議事録を取り、整理する
・会議中など瞬間的な情報の検索
・宿泊先や交通機関の予約
・経費処理
・遠隔会議のフォロー
・会議室の予約
・食事の予約
・オフィス用具の管理・調達

ご紹介するPersonal Robotは、実際に、会議中に必要な情報検索のサポートを行ってくれたり、

6f20c23a3a3b2abe8d07f5c33e797afc_large 
食事の注文などはできる。また、ソフトウェアの進化の問題で、オフィスのあらゆる問題を優秀な秘書のように解決してくれる日は遠くなさそうだ。

6f178ce078d74d3a18f08940cd39fbbd_large

小売り価格は、1,995ドルであるが、Kickstarterからは安く購入できる。是非、以下の映像も見て欲しい。様々なアシスタントロボットが登場するだろうが、目線に近いところにディスプレイがあると確かに便利そうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を