サブスクリプション型レンタルモデルというモノを売る際の新たなマーケティング手法

[2015/2/26]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-02-26 11.38.47

ファッション化するメガネが行き着いた先は、やはりここだった。

Ditto Endless」は、サングラスを月々19ドル、また度入りのメガネも29ドルでかけ放題のサービスだ。種類は1,000以上と豊富で、送料は無料。保険料もその金額に入っているので、ちょっとした傷などは問題もない。

スクリーンショット 2015-02-26 12.27.15

言うまでもなく、メガネは元々、視力を補完するもの。人間の視力という機能を高めるものだ。そこにファッション性というものが加わってきて、現代においては、だてメガネも珍しくない。服を選ぶように、そのフレームやレンズを選んでいく。

また、企業側にとってみれば、これは明らかなるマーケティング方法だ。もし、この製品が欲しい!と思った場合は顧客は購入までできるわけだが、ただ、在庫としてメガネを眠らせておくのなら、それを貸し出し、少しでも固定収入にした方が良い。

常時、在庫を抱えるビジネスの多くは、このサブスプリクション型のレンタルモデルを導入できないか真剣に考えてみるとよいと思っている。

【クエスチョン】
・定期レンタルモデルをマーケティングとして導入する際の業務フローを検討し、その導入の可能性を模索してみよう!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を