服と本のコラボレーションが示す未来の店舗のカタチ

[2015/4/14]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-04-14 13.36.30

本屋の未来は、どうなるのか?今、世界中で、模索がされている。

ファッションデザイナー ソニア・リキエルのパリのポップアップショップが、気になる空間デザインを提示している。衣類とともに、5万冊もの書籍が置いてあるのだ。

20725_10153178341601639_1575592713572076502_n

なんともこのコラボレーションデザインが魅力的。

「本」は読み物であると同時に、インテリアとしても偉大である。そして、人々を広く惹き付けるメディアでもある。未来の店舗ビジョンの1つを見せてくれているようだ。

10300077_10153178341496639_3876864473899523732_n

これを見ると、新宿のビックロを思い出す人も多いかもしれない。ビッグカメラとユニクロがコラボレーションし、衣類と電化製品が融合的に配置されている。

このスタイルは、本でも可能なはずだ。また、大きな店舗だけではなく、小さなお店にも、紙の本が置かれ、販売されるような未来は来るのか。書店が減少する社会の中で、紙の書籍が置かれている場所が増えることを望む人は多いはず。

「未来の豊かな空間には、紙の書籍が置いてある」そんな世界を描く人は、私だけではないのではないか。書店の未来に一筋の希望を見出したい。

【クエスチョン】
・「本」を社会にどのようにデザインするべきか?この店舗デザインを参考に、皆で話し合ってみよう!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を