家庭用調理ロボットのカタチはこうなる?宙にぶら下がる「ロボットハンド」がキッチンを動き回る近未来

[2015/4/15]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

20150418_stp001

クッキングロボットは、どのような形をしているのか?ロンドン発の「robo-chef」は、重要なコンセプトを提示している。

Robochef gets cooking

クッキングロボットの短所の1つは、場所を取ることだ。日本のような狭いキッチンで動き回れるのか?料理をしていない時は使わないのわけで、その置き場にも困る…。よって、調理ロボットは、専ら飲食店のものだった。

しかししかし、宙にぶら下がる「腕と手」であれば、どうだろうか。調味料を入れて、ものを混ぜる。ガスコンロやオーブン、フライパンや鍋まで使いこなす調理ロボット。なんなら食器洗いまでもやって欲しいところだ(笑)

まずは是非、こちらのロボットハンドの動きをご覧いただきたい。


現時点では、プロトタイプであるが、最初の製品の発売は2017年。価格は、1万5,000ドル程度での販売を模索しているようだ。2020年、私たちの「料理スタイル」はどのように進化しているのか?クッキングロボットは、私たちにどこまでの価値を提示してくれるのか。要注目のトレンドである。

【クエスチョン】
・どこまでのことをやってくれる調理ロボットを、いくらまでなら買うか?まわりと話し合ってみよう!

20150418_stp001

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を