3Dプリンタで出力したオブジェクトにメッキを施し、最終製品に仕上げるデバイス

[2015/4/22]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2e14d0c770e45608478e2398596d11af_original

モノ作りの民主化は、よりクールで身近な現実として広がっている。書籍「BROOKLYN MAKERS ブルックリンに住む職人・クリエイターたちの手仕事と暮らし」は、それを感じられる一冊。次世代の職人、働き方の世界観を感じたい人にはおススメだ。

さて、作ったモノを製品として販売したい。3Dプリンタ時代に、未だに小さな壁が立ちはだかっている。プロトタイプではなく、最終製品を作る手間をどのように削減するのか。そのためのアイデアとテクノロジーはまだ不足している。

Kickstarterに登場した「Orbit1」は、そんな問題に光を当てる。電気メッキ技術で、3Dプリントしたモノを、最終製品にまで仕上げることができるのだ。

スクリーンショット 2015-04-22 12.33.43   
まず3Dプリントをしたものを、キレイに磨く。

スクリーンショット 2015-04-22 12.45.18

導電性の塗料をオブジェクトににスプレー。

スクリーンショット 2015-04-22 12.45.39

スマホから、メッキ開始のボタンを押す。

スクリーンショット 2015-04-22 12.45.58

すると、このようにOrbit1が起動し、メッキが始まる。

スクリーンショット 2015-04-22 12.46.26

通常、電気メッキは多くステップに別れている。しかし、Orbit1は、それを単純な3ステップにまとめた。

スクリーンショット 2015-04-22 12.48.34

メッキは、平均で2時間程度と高速で完了する。販売するとなると、アクセサリーなどは現実味がありそうだ。

スクリーンショット 2015-04-22 12.39.09

価格は、1,999ドルから。メッキの民主化は、メイカーの可能性を大きく広げるに違いない。

【クエスチョン】
・どんなオブジェクトをメッキしてみたい?メイカーズ時代の可能性により広く目を向けよう!

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を