行方不明者ゼロ時代に向けて。着ている衣類にQRコードを付けるという発想

[2015/4/22]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

400605_512573495475745_670493787_n 
子供とシニアの安全は、社会的に喫緊の課題だ。ニュースでも流れているが、行方不明の児童は全国で5,000人、また認知症行方不明者は年間1万人を超えるという。

平成26年の交通事故による死者数は、4113人だから、どれだけ行方不明者が多いか分かるだろう。ちなみに高齢化が益々進む中で、認知症は2025人に700万人にも上ると言われている。

そこに対して、どのような対策を打っていけば良いのか。例えば、「QR Code ID」は、衣類に、QRコードを付け、行方不明者の名前や住所などをを誰もが確認できるようにするサービス。

携帯はいつも持ち歩くかどうか、分からない。また、自分のことが分からない、名前まで忘れてしまうといった症状は、決して少なくはない。

となれば、普段から着ているものや、履く靴などにQRコードで貼付けておけばどうか。

スクリーンショット 2015-04-22 16.02.54

不振な動きをしている人を見つけたら、まず、QRコードをチェックし、その人の情報を読み取る。結果、支援者は適切な対応を取ることができる。ちなみに、靴に取り付けるタグは15ドルから、またTシャツは16ドルからとなっている。

年々深刻さを増す、喫緊の対応が迫られる社会問題。民間と自治体が協力しあって、より良い安心・安全のインフラが広がることを期待したい。 

【クエスチョン】
・「行方不明者をゼロにする」をテーマに、どんなインフラが整うと良いか、皆で話し合ってみよう!

400605_512573495475745_670493787_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を