シニアが運動を兼ねて自転車で運んでくれる!即日配達可能なローカルECプラットフォーム

[2015/5/6]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Keyvisual_Desktop

できるなら地元を買い物で支援したい。そんな思いを抱くものの、便利さには勝てず今日もAmazonで注文…。そんな日々が続いている人も少なくないだろう。

そんな人にとっては、期待のスタートアップがドイツにある。「Kiezkaufhaus」は、地域で買った商品を即日配達することが可能なECプラットフォームだ。

しかも、このユーザーインターフェイスが面白い。下の画像に見えるポップアップは、野菜の値段だ。まさに、八百屋にいるかのような視界を提示してくれる。

スクリーンショット 2015-05-06 9.21.51

こちらはパン屋さん。

スクリーンショット 2015-05-06 9.21.26

突然切れてしまった電球だって購入できる。

スクリーンショット 2015-05-06 9.20.34

購入した商品を配達してくれるのは、地域のシニア層だ。日々の運動は不可欠。しかし、ただ運動のために、自転車に走らせるだけではもったいない。せっかくなら、ついでにお金も稼げれば、一石二鳥である。

気になる送料であるが、購入金額が50ユーロ以上であれば無料、20〜50ユーロの範囲で3ユーロの送料、20ユーロに満たなければ、5ユーロの送料がかかる。この送料も、地域を支えるお金だと思えば、考え方も変わるように思う。

Amazonの便利さは、これからも益々上がっていくことだろう。しかし、それを横目に、地域のお店や人を活かす、新たなシステムは必ず生まれてくるはずだ。人々の志向は、より地域貢献的になるに違いないがゆえに、こういったモデルへの世界的期待は大きい。

現在、ドイツのヴィースバーデンのみで運用されているプラットフォームだが、世界的に大きなムーブメントとなって広がることを期待したい。

Gruppenbild

【クエスチョン】
・地域のお店と人を活かす、これまでにない買い物プラットフォームのアイデアを考えてみよう!

Keyvisual_Desktop

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を