バーチャルリアリティの導入によって、ジムもテーマパークもいよいよ次世代モデルに進化する

[2015/6/9]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

icaros_flight_space_2

バーチャルリアリティ体験をジョットコースターと掛け合わせた取り組みVR coasterを以前ご紹介した。 

【参考】
Oculus Rift × ジェットコースター!「VR coaster」にみる現実と仮想空間の融合の可能性

バーチャルリアリティは身体性と精緻に組み合わさった時に、真の力を開花させる。

こういった取り組みは、もっと簡易的に広い範囲で行われてくると思われるが、この夏に興味深いプロダクトがクラウドファンディングに登場する予定だ。

ご紹介する「ICAROS」は、バーチャルリアリティで空や宇宙を飛び回ることのできるゲーム体感デバイス&フィットネス機器。

icaros_testing

機器のサイドには、スマホを取り付け、カラダの傾きなどの状態を逐次PCへ送信するという仕組みになっている。

icaros_action_1024x683

確かにこれは、いい運動になりそうだ。VR×身体性の波は、ゲームセンターは元より、ジムのような場所にも広く普及していくイメージが湧く。

icaros_prototype_1024x683 
2016年、米国ソルトレイクシティで開業されるバーチャル エンターテイメント施設「The VOID」 の映像は、世界を驚かせた。見ていない人は、是非一度こちらの映像をご覧いただきたい。

VRが高度に身体性と結びつき、更にはそこに偶有性や、たった一度きりしか起きない一回性と結びついた時、エンターテイメント施設は、次の段階へと進化するのかもしれない。それぞれの動きに、要注目だ。

【クエスチョン】
・バーチャルリアリティを自社の事業にどのように導入していくか?興味のありそうな同僚を集めて、話し合ってみよう!

icaros_testing

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を