VRの真価は、代替体験というよりも”体験の進化”の中にこそある

[2015/9/19]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

12002299_10153013161441610_3324231725621516160_n

 クラシックコンサートをより身近なものにする。 

VAN Beethoven」は、ロサンゼルスフィルハーモニーがウォルトディズニーコンサートホールで演奏したベートーベンの第九を、VRヘッドセットで観ることができるバンプロジェクトだ。

バンの中は絨毯がひかれた空間、そしてサイドにはVRヘッドセットが設置されている。

11988346_10153013165606610_2494262033822655658_n

ただリアルな演奏を体感できるだけでなく、音楽に合わせて幻想的な映像まで出てくる。 

スクリーンショット 2015-09-19 11.05.08

こういった取り組みから分かることは、VRヘッドセットの真価は、単純にリアルに近づけて体感を再現するだけにとどまらないということ。

CGを合成したり、リアルの体験ではできない全く新しい体感価値を提案できる可能性がある。それは、VRが語られる時によく使われる”代替体験”というものではなく、”進化体験”と呼べるところにまでそれを昇華していこうとする中に、VRの真価があるかもしれないということだ。

例えば、クラシックコンサートも、その音楽がどのようなシーン、イメージであるかということは、素人であれば分からない。それをVR映像で視覚的にフォローしてあげれば、全く新しい価値を提案できる可能性がある。

バーチャルリアリティの新たな世界観からどういったマーケットが誕生するのか。要注目である。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を