【コラム】得意なことで致命的な過ちをおかす前に、もう一度その意味を問い直してみる

[2015/9/20]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

painting-pencil-paint-pencils-large

人は得意なことで、思わぬ過ちをするものだ。

苦手なことでは、致命傷を負うまでには至らない。しかし、得意なことでは、大いなる過ちを冒しやすい。

例えば、今、私たちが得意なこととは何か。それは、言葉にお金、情報など抽象度の高いものを取り扱う力だろう。

それらを利用する力は、他の動物にはない。しかし、人間はその得意なことよって、知らず知らず危ない橋を渡ろうとする。あまりに使いやすい道具というものは、自らの手を傷つけるものだ。

では、人間がそれらをうまく使いこなすための重要な力は何か?

現代においてその1つは、「意味の生成」、新たな「解釈の構築」であろう。つまり、これまでの既成の意味合いを21世紀の文脈の中で問い直してみることだ。もしくは、人生のレイヤーで考えてみることだ。

誰もが人間。ちょっと得意げになってしまいそうな時もある。しかし、そんな一時的な状態は、所詮、幻想である。

人類は、単独で生きていくことはできない。常に、あらゆる環境とのインタラクティブな関係性の中で存在していけるのだ。1人の人間にとっても同じこと。

今、私たちはあらゆる物事の解釈とその関係における意味を、再構築していくべき時に来ている。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を