ベッドの上でも静けさを。鼻にのせるだけで「いびきの音」を低減する画期的デバイス

[2015/11/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-11-29 9.08.10

夜のいびきに苦しんだ経験のある人は、誰もがあるはず。当の本人も周りに迷惑をかけることは当然望んではいない。日本では、約2,000万人がいびきをかくと言われており、その約1割が無呼吸症候群だという。

無呼吸症候群の場合は、ただ鼻に差し込むだけのCPAP「Airing」が画期的であり、クラウドファンディングindiegogoで1億3,000万円を超える資金を集めた。

無呼吸症候群まではいかないいびきの問題は、やはりその「音」の問題が大きい。それを解決するのが今回ご紹介する「SILENT PARTNER」だ。蝶の羽のようなデバイスを、鼻にかけるだけでいい。

スクリーンショット 2015-11-29 9.07.33

省電力でコンパクトなデバイス。鼻に置かれている方も、不快感は小さい。

スクリーンショット 2015-11-29 9.09.49

仕組みは、いびきとは逆の音波を当てることで、音をキャンセルしていくというもの。

スクリーンショット 2015-11-29 9.06.51

鼻から約20センチほど離れれば、いびきの音は小さくなる。

スクリーンショット 2015-11-29 9.06.28

「静けさ」は、文明深化の度合いを示す。それを押し進めるプロダクトには注目をしていきたい。

 

 

※新刊「ビジネスモデル2025」が、発売1ヶ月半で5刷に突入!

cover

【参考】
【BBM】『ビジネスモデル2025』長沼博之・著 vol.4122
Newsweek日本版「コストゼロ&シェアの時代のマネタイズ戦略」
「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を