自転車にスポンサーの広告ステッカーを貼り、月約3,900円を受け取るモデルは広がるか?

[2016/1/28]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

12249652_351115648422329_4650652795127932669_n

車にステッカー広告を貼り付けるサービス「Wrapify」が話題になっているが、自転車だって同じようなモデルが成り立つかもしれない。

英国発の「AdBike」はタイヤのフレームとその間の3ヶ所に、ステッカー広告を掲載する広告サービス。自転車オーナーは、出発の際にアプリを開き自転車の写真を撮り、また到着の際にも写真を送る。すると、移動したマイルごとにポイントがたまっていくという仕組みだ。

スクリーンショット 2016-01-28 10.28.10

サービス側は自転車の盗難が減ることを訴えているのも面白い。確かに、こんなに目立つ自転車は誰も盗みたがらない(笑)

自転車オーナーは、毎月約30ユーロ(約3,900円)ほどのお金を受け取れる可能性があるという。Wrapifyが毎月450ドル(約53,000円)程度であり、そこから考えると当然安い。しかし、塵も積もれば山となる。年間で言うと約47,000円である。

広告出稿のステッカーを貼る手間はいいのだろうが、気になるのは何と言ってもと、自転車利用ごとにアプリを開いたり写真を撮るという手間である。

最初はできても、続けていくうちに面倒になってしまう人も少なくないかもしれない。よって、このモデルはライドシェア&IoTで展開すると面白いと思う。

これから益々、自転車は所有するものではなく共有するものという概念が浸透していく。放置自転車や古くなった自転車処分の問題は各都市において決して小さな問題ではない。

増える共有自転車をIoT化し、リアルタイムで移動ルートと移動距離を広告主に配信。その代わり都市では、自転車を購入することなくタダで利用できるという近未来像である。都市部の未来を語るとき、そこには常に自転車利用の近未来の話題も横たわっている。

AdBike : Web / Facebook

 

オンラインサロンでもっと深い情報と交流、コラボレーションを。「Social Design Salon

social-design-salon

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を