B to C to Bの潮流。イベント専門のクラウドキャスティングサービス

[2016/2/15]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2016-02-15 10.25.51

企業のPRイベントや映像製作等に出演する人、観客をどう集めるか。こういったところには、まだまだ情報革命の波が広がっていない。 伝統的かつアナログな方法によって進められることが多い。

SURKUS 」は、そんな問題を解決するためのクラウドキャスティングサービス。自社が行うイベントを登録し、必要な出演者、観客を素早くピックアップできる。

スクリーンショット 2016-02-15 10.24.43

アルゴリズムは、SURKUSgoerと呼ばれるキャストのソーシャルメディア情報を確認しており、より的確なマッチングを実現できる点が特徴だ。もちろん出演者は、収入を得ることができる。

スクリーンショット 2016-02-15 10.25.00 
企業側は、これまでの伝統的なキャスティングコストを大幅に削減することが可能となる。このようにクラウドソーシングは、AIと人間の協業によって高度なディレクションを行い、ある領域に特化した企業向けのサービスとして提供されていくようになる。つまり、B to C to Bという流れである。プラットフォームの課題は、これからこのテーマで語られるようになるだろう。

SURKUS : Web / apps

 

※「ビジネスモデル2025」が5刷に突入!

cover

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を