ポップアップとインタラクティブの概念は、お店だけでなくイベントも進化させる

[2016/5/12]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Cow-SpitalfieldsMarket-6thMay2016-98

情報化が進めば進むほどリアルの価値が高まっている。そしてポップアップストア同様、これまでよりもデザイン性の高い設備で、容易にイベントが実行できる環境は整っていく。

英国のオンラインマーケットプレイス Not on the High Street が10周年記念に仕掛けた「OPEN DOOR」というイベントが興味深い。

オンラインのお店がリアルに顧客と触れ合う機会を提供する。木で簡易的に作られたポップアップ小屋が、フリマとはちょっと違う洗練された雰囲気を醸し出す。

Cow-SpitalfieldsMarket-6thMay2016-103

コンセプトは”双方向的なショッピング体験を提供すること”だ。ファッションに、ヘルス&ビューティ、子供向けグッズやアートに住宅、そして飲食と幅広い分野のお店が出店する。

Cow-SpitalfieldsMarket-6thMay2016-186

ワークショップやデモンストレーション、試食体験などなど、顧客とショップオーナーがインタラクティブにコミュニケーションを取ることができる空間をデザイン。

Cow-SpitalfieldsMarket-6thMay2016-69

昔ながらの青空市のような企画が、共有経済や簡易的な設備ツールの進化によって、洗練されたポップアップイベントへとバージョンアップする近未来が想像できる。

Cow-SpitalfieldsMarket-6thMay2016-176  
In pictures: Not On The High Street’s Open Door event

ソーシャルメディア時代が成熟し、オンライン上では、双方向が当たり前になった。しかし、リアルショップにおいては、まだまだこれからだ。しかし、その萌芽はいたるところで見つけられるようになっている。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を