自転車のライトを再発明。ハンドルの両端が光るグリップ型のライトシステム

[2016/6/1]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

_Brushed_Aluminium_gugdnx

自転車の事故が増え、法律が厳しくなっているのは衆知の事実。

一方、エコシティを掲げ、自転車やパーソナルモビリティで移動する都市ビジョンを掲げる地域が世界には少なくない。事故なき自転車との共存関係を描く必要性はますます高まっている。

自動運転によって自動車事故が激減した結果、「クルマよりも自転車事故の方が問題だ」と言われないようにしなければならない。とは言っても、以下のような自律型の自動運転自転車が走り回るまでにはまだちょっと時間がかかる。

【参考】
衝撃的映像!自動運転”自転車”が町中を走りまわる日(自動車ではなく二輪の自転車)

そんな中「LUMMA」は、新たな自転車ライトのコンセプトを提示した。ご覧のように、ハンドルの両端が光るグリップ型のライトシステムだ。

LUMMA_bike_lights_header_bfctsz 
あらゆる方向に光を発し、事故の多い夜の運転を守ってくれる。

スクリーンショット 2016-06-01 20.46.12

充電は50時間もち、切れたらご覧のようにマイクロUSBポートで充電ができる。まさに今風だ。

スクリーンショット 2016-06-01 20.45.27

クラウドファンディングサイトindiegogoでの価格は43ドルから。事故なき自転車社会のための新たなライトコンセプトとなるか?注目したいところである。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を