夜、図書館を移動しながら本のデータをスキャンする自律型ロボット

[2016/6/22]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2016-06-22 16.53.47

シンガポールの「Institute for Infocomm Research」が図書館の本データをスキャンする自律型ロボットを開発した。

夜の図書館を動き回り、RFIDリーダーが書籍をスキャンし情報を取得。WiFiやBluetoothを経由してその情報が送られる。

結果、「どの本がなくなっているのか?」「本来置かれるべき場所とは違うところに、この本が置かれている」等のデータを翌朝図書館のスタッフが確認ができるわけだ。

pexels-photo-large

本の棚卸し作業や、置かれているべきところに本が置かれていない場合にそれを探し当てる労力は相当なものだ。それをロボットがサポートしてくれるというわけだ。

図書館やお店などに置かれている”モノのデータ”を取得する自律型ロボットは、これから大きく広がっていく。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

スクリーンショット 2016-06-22 16.53.47

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を