【コラム】AI時代の思想の罠。「受け入れる」という妥協を排し、挑戦を続けることの大切さ

[2016/7/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

pexels-photo-89860-large

テクノロジー時代こそ、挑戦を続けよう。

AIやロボティックス、シンギュラリティの話が普通に語られる時代。漠然とした不安にかられる人も多いだろう。驚くべきプロダクトやサービスのニュースを見て、自身の一歩が、これまでの100分の1ほどになってしまったかのように感じる人もいるかもしれない。

結果、巷では「受け入れる」という思想が語られる。まず受け入れよと。その環境を。

しかし、そんな必要はない。テクノロジー時代は、それは言い方の良い「諦め」となってしまう傾向がある。

私たちは、生活の中、仕事の中で多くのことを基本繰り返すしかない。積み重ねるしかない。その中で環境を受け入れるという思想を汲み入れると、無意識的な妥協が宿る。人間の繰り返しが、価値を持たないように見えてしまうのだ。それは現代の見えにくい罠とも言える。

しかし、その繰り返しの中でPDCAサイクルを回し、挑戦を続けている人に行き詰まりはない。ロボットにはできない価値が確実に宿っていくことを確信して欲しい。安易にAIの恐怖を受け入れれば、その繰り返しはただの作業とすらなってしまうかもしれない。

「人は1年でできる事を過大評価し、10年でできる事を過小評価しすぎる」という言葉があるが、10年後のテクノロジー社会で笑っている人は、どんな時も希望を見出し、真正面から時代と向き合っている人だ。その中で挑戦を続けている人だ。そう、それは貴方のような人のことである。

 


オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を