コワーキングスペースは「服」を販売するための新たな流通網になる

[2016/10/20]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

14502785_1788950214660655_100116681274956591_n

コワーキングスペースネットワークを運営するWeworkとEコーマスで服を販売するArgent が提携をし、Wework内で服の販売を始めた。Argentは今年立ち上がったばかりの働く女性向けのファッションブランドだ。

ターゲットを絞ったニッチなファッションブランドの流通網は限られている。だからと言ってリアル店舗出店は、マスをターゲットとしたマーケティング手法であるためビジネスモデルが組みにくい。リスクが高すぎる。

一方、現代のトレンドは、リアル店舗を出店するという概念さえも変え、空間をニッチなマーケティングに最適化していく。こういったコワーキングスペースを活用した販売網はまさにそれである。

スクリーンショット 2016-10-20 11.48.07

現代のポップアップショップムーブメントもARやVRも、このトレンドを後押ししていくだろう。そして今後はきっと、服を売るだけではなく、レンタルしていくことも検討されていくはずだ。

スクリーンショット 2016-10-20 10.36.06

今回の事例は、コワーキングスペース経営という視点でも学ぶべきことが多い。ちなみに、ArgentがWeworkに月額の固定費を支払うモデルのようである。

これまで大衆空間と言われていたものを、どのようにニッチに最適化した空間へと変幻自在に変容させることができるか。そして生まれてきたその空間を、どのように活用していくべきなのか。現代の隠れた問いである。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

14502785_1788950214660655_100116681274956591_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を