ミツバチを代替する!受粉を促す小型ドローンが畑をとび回る近未来

[2017/3/22]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

efc06534249709.58ae376ea7697

日本は農業の高齢化が進み、次世代型の自律農業への転換が待った無しの状況だ。

ジョージア大学のAnna Haldewang氏が発案した「Plan Bee」は、プラスチックで作られた軽量・小型の自動飛行ドローンを活用して、効率の良い受粉、発育を促すプロダクトだ。

色は、黄色と黒で、ミツバチ色。花の周りを舞うイメージは、蝶の用でもある。

c56f6b34249709.58ae376ea6a65

カメラが搭載されており、下部の穴から花粉を吸い取り、上部の穴から花粉を放出するという仕組み。

3e3ef534249709.56c9f6b6a7d24

Plan Beeは2年後の市場投入も見込んで開発が進められていく。生き物であるミツバチを生育し、心地よく働いてもらう為には精緻な管理ノウハウが必要。しかし、自律型ドローンの進化でその管理コストが下がり、いずれかの段階でミツバチをリプレイスする可能性は高い。

d7836634249709.58ae376ea7367

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

efc06534249709.58ae376ea7697

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を