【コラム】複雑な事態の果てにある深化の果実

[2017/3/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

pexels-photo-355296

喜びと悲しみと楽しみと苦しみが同時に訪れることがある。時代の転換ポイントでは、そのような事態が起こりやすい。

ただ、どんなに鈍感になって歩みを進めようと試みても、心のひだからそれらの感情は容易に離れることはない。

対処に困るような感情が起きたなら、それを厭わず抱きしめよう。そしてそれをチャンスと捉えるのだ。

自身の利害のみに汲々として歩む人生からの脱皮。大いなるビジョンを描き、願い、祈り続ける忍耐力獲得のチャンスである。主体という枠を超えて、どこまでも他者、そして社会に対するの認知の枠組みへと拡大をしていくのだ。自分に近いところのフレームで事態を捉えようとする安易で本能的主体を超えていくのだ。

意味を捉えるフレームはいくつもある。次元は無数にある。どう意義を見出し、無意識でどこに喜びを感じているのか。自身のどこがエンジンとなっているかで、人生は無限に変化する。

エンジンの位置を的確に変え、馬力を大きくするチャンスが、複雑な感情の中にはある。何十年と続く、その克己と忍耐の果てに、人は求めていた場所にたどり着く。あらゆる複雑な事態は、そのプロセスを深化させるための機会である。

 

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

pexels-photo-355296

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を