デジタル自動編み機で自宅を縫製工場に。ホームアントレプレナーの勃興 

[2017/5/8]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

img_1@2x

2014年から密かに始まっていたデジタル編み機の民主化。水面下で進んでいた動きが、いよいよ目に見える波として広がっていきそうだ。
【参考】
自分でデザインしたデジタルデータから服を編んでくれる「OpenKnit」

Kniterate」は、オンライン上でデザインしたニット衣類を出力できるコンパクトなデジタル編み機だ。セーター、マフラー、ネクタイ、靴などあらゆる衣類をクリエイトすることができる。

Kniterate_sweater   スクリーンショット 2017-05-08 10.31.41

オンライン上のテンプレートもあるが、ゼロからデザインを生み出すことも可能。誰もがより簡単に衣類を編み上げることができる。

スクリーンショット 2017-05-08 10.55.43

ご覧のような制御された6つの針が、衣類を出力していく。

img_2@2x

出来上がった衣類は品質が高く、販売することもできるレベルだ。

スクリーンショット 2017-05-08 10.54.59

スクリーンショット 2017-05-08 10.54.46  スクリーンショット 2017-05-08 10.54.37

こんなセーターを5時間で編むことができる。

スクリーンショット 2017-05-08 10.31.22

現在Kickstarterで資金調達をしているが7000万円以上の金額を集めている。Kniterate1台の価格は4699ドル(約53万円)から。通常の工業用編み機の10分の1の価格だ。

ハンドメイドの波は、世界で着実に大きくなっているが、そのトレンドはデジタルものづくりの後押しを受けながら、勢いを増していく。クラウド(群衆)キャピタリズムは、ホームアントレプレナーという新たなトレンドを掴んで、ますます拡大していく。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

img_1@2x

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を