【コラム】「経験」は複雑性を突き抜けて完結する

[2017/7/6]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

pexels-photo-441795

日は昇り、ゆっくり沈んでいく。そんな一貫性、連続性の中で、私たちは数かぎりない一回性を経験する。その経験は、いつも小さな、時に大きな感情に満ちている。

気付きにくいかもしれないが、食事をするだけでも、そこにはたくさんの情緒の起伏が存在している。メニューを選ぶときの小さな迷いや料理が熱くて火傷しかける軋轢、美味しいという至福の感覚や、もう少し食べたいという小さな失望も混在している。

あらゆる経験の中に、これらが細かく複雑に内包されている。そして、それらは、時間の中で感覚的に統合されていく。経験は複雑性を伴ってこそ完結するのだ。結果的に、人は、成長をしていくことになる。

その複雑性は、大きいほどに可能性に満ちている。混濁した複雑の中には、生命的な大きなエネルギーもが宿っている。

この軋轢や喜び、楽しみや失望は、どんなことが、誰が、機縁になるかは分からない。しかし、1つ言えることは、その全部が自身の経験の成長を支えているということだ。その全体の統合の中で、人は、成熟していく。

そこが感覚的に分かっている人は強い。一人立ち、人生という荒野を、静かに、しかし力強く歩むことができる。自分の前進を阻害する何かさえも、時間とともに自身へと統合させ、エネルギーに変えることができる。

この複雑で愛おしい経験たちを胸に、たった一度きりの人生を歩んでいこう。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

pexels-photo-441795

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を