車の中に「ミニ自動販売機」を置くことで、収益を最大化する!

[2017/8/7]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

356430_3_800

狭い空間をより快適にデザインし、結果的に収益率を最大化する方法は何か?あらゆる業界で問われている命題である。

Cargo」は、車の中で、お菓子や美容商品などを買い、スマホの充電もすることができるミニ自動販売機サービスを提供する。購入の際は、クレジットカードかモバイルペイメントで支払う。

UberやLyftなどの配車サービスを活用するドライバーが、無料で車内に設置することが可能で、成果課金のモデルとなっている。1つの商品が売れるごとに0.5ドルを受け取る。また、10商品売れれば10ドルのボーナス。100個アイテムが売れれば、50ドルのボーナスが支払われるという仕組みだ。

356430_1_800 
ドライバーは月平均で収入を100ドル(1万1000円)〜150ドル(約1万7000円)上乗せすることができる。人によっては、毎月355ドル(約3万9000円)収入をアップさせているドライバーもいるとのこと。

18673139_469644016701821_4652152545572423031_o

タクシー会社や乗り物会社にとって参考にできるモデルというわけではなく、冒頭に書いたように、小さなスペースの活用法は現代のテーマだ。Cargoは、時代にインスピレーションを与えてくれる。

そして、自動運転時代には、車の中をいかに快適に活用するか、全く新しい空間利用法が始まっていく。そのための動きにも常にも注視をしていきたい。

via:Cargo,Facebook

 

新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

356430_3_800

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を