花を飾れるカーテンが、場の価値を最大化する

[2017/10/12]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

こんなに心踊るカーテンを私は知らない。

ご紹介するのは、ストックホルムに拠点を置く日本人の繊維デザイナーAkane Moriyamas氏とカリフォルニアのUME STUDIOが作った花を飾れるカーテンだ。

ご覧のようにカーテンに100以上のポケットがついており、そこに四季折々の花を飾ることができる。

デザインだけではなく、その香りにも心身が癒されそうだ。

飾る花が生花であれば、手間はかかるが場は有限性をまとい価値が高まる。ドライフラワーにすれば、取り替えの手間も少なくなるというメリットもある。

カーテン自体は、日本国内の工場で機械と手作業の両方で作られている。素材はオーガニックで洗濯も可能。価格は3800ドル(約43万円)と安くはないが、それでもその場の価値を最大限引き上げてくれるカーテンの1つであるに違いない。

via:WEB,Youtube

 

新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon」

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を