木の幹を使ったデザイン本棚とARアプリを使った事業の可能性

[2017/10/31]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

自宅にもっと自然を。その発想は何も観葉植物だけではない。ご覧のように、木の幹を使った本棚という発想もある。

上記は、一本の木を5つに切って、その間に木の板を挟みこむことにより、本棚を作るという発想だ。個人でもできてしまうだろうが、本格的なプロダクトとして製造することも可能だろう。

日本の国土面積の約7割は森林だ。ただ木といっても多様であり、建築物を作るためのA級材ばかりではない。これから必要ことは、木材にどれだけ創造性を掛け合わせることができるかだ。そこに多様なチャンスが眠っている。

iOS 11がリリースされAR(拡張現実)アプリが開発できる環境が整った。よって、仮想メジャー「AirMeasure AR」のようなアプリも登場してきている。

例えば、天井までの高さや幅を瞬時に計算し、ARで本棚を置いたイメージまでをもスマホ上に映し出す。また、気に入ったらすぐに注文までできるアプリを作ったらどうだろう。地域も喜ぶ事業になる可能性がある。

via:Pinterest

 

新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon」

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を