実利とPRを兼ね備えた崖の上のポップアップショップ「Cliffside Shop」

[2017/11/14]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

高さ約90mの崖にお店が…。半分冗談であり、PR用のポップアップショップのように見えるかもしれないが、そうでもない。ロッククライマーにとって現実的に有り難い存在だ。

37.5 Technology」は、特殊な素材により、寒いところでは温かく、暑いところではひんやりと、人間の芯の体温を理想的な37.5度にするためのウェアを販売するブランドだ。

そのブランドが、ロッククライマーのための世界一過酷な場所にポップアップショップを開いた。その名も「Cliffside Shop

ロッククライマーの体温は、天候によって大きく左右される。高山へと登るその体温は、いつも不安定であり、その調整の不備は命取りにさえなりかねない。しかし、37.5 Technologyが提供する衣類を身につければ、いつでも体温を理想的な状態にもっていくことができる。

冷たい風に吹かれて、身体が冷えてしまっても安心だ。こんなところにお店があって、温かく迎えてくれるのだから。

購入経験としても、これはオンリーワンだろう。人に会えた嬉しさもあり、思わず購入してしまう可能性は高いのかも。

普通の人が見ると、着る体験そのものもスリリングだ。

顧客の実利と世界へのPR、両方を掴んでいる好例だ。なんでもAmazonの方が購入しやすい、お店だから不便だという訳でもない。また、単なるマーケティングという話だけでもなく、これからの「あり方」を考える上でも参考になる事例である。

新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon」

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を