シンプルでクールな最終商品をデジファブで作る

[2017/11/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

3Dプリンタでどこまでの最終商品を作れるか。(プロトタイプではない)そこに視線が集まっている。

iGUANEYE」は、最小限の構造で足を守り、かつ素早く履いたり脱いだりできる「Jungle」という履物を開発した。

極限的にシンプルで通気性が高く、しかし保護も怠らない。そんな履物を目指した。

現在、この履物を完全パーソナライズし、3Dプリンタで作ろうとしている。

デジタルファブリケーション機材の価格、材料の値段、設計の費用は下がっていく中、「シンプリシティ」を中心に置いたかっこいい最終商品を生み出せる可能性は高まっている。

via:web,instagram
新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon」

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を