ソーラー車椅子。「再生可能エネルギーで動かす製品」というトレンド

[2013/6/18]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

DSCF0805-1

太陽光で動く車いす。こちら、世界脳性麻痺の日のコンテストで最優秀賞に選ばれた作品。バージニア大学の学生チームが考案したものです。

Team’s Solar-Powered Wheelchair Wins World Cerebral Palsy Day Competition

オープンカーの屋根のデザインを参考にしており、約1平方メートルの高効率のソーラーパネルを設置しています。

完全に充電されたバッテリーであれば時速約10キロの速度で4時間半の動き、太陽光発電単独であれば、毎時1,6キロの速度でずっと動かすことができるとのこと。

紹介動画はこちらから。

これを見ると次世代パーソナルモビリティーWHILLを思い出す人もいるでしょう。

WHILLも再生可能エネルギーで動くようになれば、もっと良いのでしょうね〜。

自然エネルギーで動かす「コンシューマー製品」が続々登場しそう

2013061410233846-1

つい数日前、日本でもこんなニュースが発表されていました。

福島第1原発事故で岡山市に移住した建築士大塚尚幹さん(41)=同市北区建部町=が、太陽光発電パネルで動力を補助する電動車いすを試作した。走行中に充電できるため、通常より長時間走行が可能。自然エネルギーを生かした高齢者らの移動手段として、実用化を目指す。

(中略)

日中であれば充電でき、最大10時間程度の走行が可能。電源からの充電も不要だ。試走は順調だが、パネルの小型化や連結部の強度確保が課題という。

大塚さんは「原発事故後、自然エネルギーの活用が注目されており、パネルの転用を考えた。改良点はまだ多いが、高齢化社会のエコカーとして活用できれば」と話している。

引用元: 太陽光発電の電動車いす試作 福島から岡山へ移住の大塚さん – 山陽新聞ニュース.

アイデアが製品となりやすい時代。日進月歩で高まる自然エネルギーの発電効率を背景に「再生可能エネルギーを利用する独創的なコンシューマー製品」が今後多数生まれてきそうです。

 何か製品を開発する時は「で、エネルギーはどのように調達する?」という問いが自ずから生まれてくるようになるのでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を