ファッションとは何か?ウェアラブルデバイスがファッションと高度に融合する時

[2014/6/25]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2014-06-25 10.07.18

Google Glassがイギリスでも発売され、次はいよいよ日本か?と賑やかになってきました。

そんな中、Diane von Furstenberg(DVF)のデザインしたGoogle Glass用のメガネとサングラスが、Google Glassとセット価格1,800ドルで発売されました。

DVF | MADE FOR GLASS

どうでしょう。確かにいい感じ。

スクリーンショット 2014-06-25 9.16.06

メガネと同化していくGoogle Glass。近い将来、こんな格好で町を歩く人達が増えていくのでしょうねぇ。 

スクリーンショット 2014-06-25 10.32.30

ビジネスシーンで使われるGoogle Glassの話題も多いですが、やはりB to Cで広がるかどうかが鍵。これからこの辺りの動きは、更にスピーディーに活発になっていきそうです。

ウェアラブルデバイスがファッションとなる時

アップルの腕時計型ウェアラブルデバイス「iWach」(仮)の発表が迫る中、その話題は日々大きくなっています。

ファッションと融合するテクノロジーの話題は、これまでも取り上げ続けてきましたが、いよいよウェアラブルデバイスは、ファッションと同義となる。その最初の象徴としてのデバイスがiWachとなるのでしょう。

【参考】
着ている人の心身の状態が分かるスマートシャツ「OMsignal」
スマート衣料の時代へ。LEDが埋め込まれたスマホで操作できる「光る服」

各ファッションメーカーは、ウェアラブルデバイスメーカーとなり、ウェアラブルデバイスを開発するメーカーはファッションメーカーでもある時代へ。

“ポストヒューマン”というコンセプトに行く前に、我々のファッションの考え方が変わる。現代における新たな変化は、言葉の定義そのものを大きく揺り動かしていきます。

 

スクリーンショット 2014-06-25 10.07.18

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を