進むローカルマーケットの再構築。Uberが「Corner Store」をテストリリース

[2014/8/20]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

uber_cornerstore_graphics_700x300_r3 
チーズバーガーにポテトサラダ、アイスクリームなど、Uberで販売される製品は世界的に増え続けています。

そして今回、CORNER STOREというショッピングページを、テスト的にではありますがリリース。様々な日用製品をクルマを配車するのと同じように、アプリをタップして即注文、その日のうちに配達してくれるサービスです。

CORNER STORE INVENTORY LIST

製品は、お菓子、薬、サプリ、ベビー用品、バス用品など現時点でも100以上が並びます。対応時間は、月曜から金曜日の午前9時から午後9時まで。現時点では、まだワシントンの一部での運用になりますが、なんとも本格的なお店のように見えてきます。

販売して欲しい製品の受付も行っており、今後のその製品群の広がりにも注目ですよ。いよいよUberが真実の姿を現そうとしています。

ローカルビジネスのこれから

Amazonが、グローバルマーケットの再構築を進めてきたとすると、今、Uberが押し進めようとしているのは、世界中のローカルマーケットの再構築です。

一言で言ってしまえば、地域のお店の商品をスマホのアプリを使って、簡単に購入できる仕組みを拡大しようといるうわけです。

また、その物流においても最適化を目指し、今後どのようなシステムを導入し、広げていくかは非常に注目を集めるところ。例えば、通勤を配達サービスにしてしまうShipbirdともきっと相性は良いのでしょう。

【参考】
毎日の通勤ついでに配達を。企業のための即日配送サービス「Shipbird」

地域の人々の購買履歴を逐次把握し、それに応じて、スマホのプッシュ機能で特売やらキャンペーンの販促をかける。そんな近未来が予測できてしまいます。今後の動向に要注目です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を