自宅の収納スペースを貸したい人と借りたい人をマッチングする「Roost」

[2014/9/19]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2014-09-19 9.59.06

都市部では、かなり重宝されそうですよ、このサービスコンセプト。

Roost」は、駐車場や自宅の空きスペースを貸したい人と、借りたい人をマッチングするサービスです。

まずは、住んでいる地域を検索窓に入れて、屋内外の収納スペースや屋根のある駐車スペースか、ない駐車スペースかにチェック。また、そのスペースの大きさと借りる期間についても選択をしてサーチをかけます。

スクリーンショット 2014-09-19 10.07.34

マッチングした借り手と貸し手は、チャットを通して連絡を取り合い、取引開始。

スクリーンショット 2014-09-19 10.08.19

取引の安全性を確保するため、貸し手の評価やレビューが掲載されており、収納するアイテムには、基本的な保険もかけられていきます。 

スクリーンショット 2014-09-19 10.08.02 
ちなみに、マッチングが成立した場合、Roost側が最低5ドル、もしくは15%の紹介料をとる仕組みになっています。借り手にとっては安く収納スペースを広げることができ、貸し手にとっては収入源となる。参加メンバーが増えれば、都市部のインフラのように機能することでしょう。

共有のカルチャーと規制について

shutterstock_185159597PHOTO: Colorful clothes hanging in wardrobe from Shutterstock 

都市部に住んでいて、収納に頭を悩ませている人は多いはず。うちもそうなのですが、マンションに住んでいて、子供がいれば、収納に関してはいくらあっても足りません。大きめのおもちゃが登場すれば、一気に部屋が狭くなり、もうすぐに収納の問題で頭を悩ませるわけです(笑)

となれば、結局のところ、もう少し広いところに引っ越そう!となるわけですが、その引っ越し費用だってバカになりません。

そんな時に同じマンション内やその近くにある収納スペースを借りることができれば、相当便利さが増す可能性があります。日本人の場合、最初は抵抗を感じる人も多いでしょうが、少しずつカルチャーとして浸透していく可能性は大いにあるでしょう。

また、細かな規制の問題等の議論もあるでしょうが、”それを使って大きくビジネスを展開する”という場合を除き、”個人が個人に小さく何かを共有する”という範囲内においては、許容されてくる可能性が高くなっています。いずれにしても、注目をしていきたい動きです。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を