見た目はほぼマグロの赤み!マグロ風トマト寿司「Tomato Sushi」がKickstarterに登場

[2014/9/20]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

304d30627ddb1df13869d67870ff2fae_large

こういう動きは、やはり米国からスタートしていきそう。

クラウドファンディングサイト大手Kickstarterで「Tomato Sushi」が注目を集めています。ご覧いただいて分かるように、著名なシェフが開発したマグロそっくりなトマト寿司。

はい、このように酢飯での上にのせれば、見た目はほぼマグロの赤みです。 

137912f70c7bacae9a9c7d1f4fb02302_large

一度は食べてみたい!と思わせますが、日本人が食べた場合、「やっぱり…マグロではない。…トマトだよね…」という落ちは十分にありえます(笑)がしかし、マグロを生で食べる文化のない海外においては、支持される可能性は十分にありそう。

760541fe17250af31e8aec25a0467d9c_large   
一時的な注目だけでなく、リピートされていくような美味しさを持っているかがポイントですが、味は保証付きというところが一つの売りとなっています。今回はこのトマト寿司の生産能力拡大のために、資金調達を行っています。実際の商品はこのような感じ。

26ffdeb8c5ffe89dc735e6615833bf42_large 
封を切った段階では、まさにトマト!です。

2adeb5fdbbf7cafe7a89767572c2b0b2_large

お寿司としてのパッケージング販売もこのように行われています。

db5df315d324755c6dc7e51a6a0d62ba_large

マグロの乱獲問題への配慮も、この商品の価値訴求のための1つの切り口となっています。これからのお寿司の概念は、様々な文化的背景の中でより柔軟に拡大していくのかもしれません。

文化を再パッケージ化して、世界に問う

20130727072039c76http://blogwatawata.blog.fc2.com/blog-date-20130726.html

ちなみに、寿司の本場、日本においても、トマト寿司たるものは意外と作られていたりするようですね。

ビーガン寿司、ベジ寿司というカテゴリーの中で食べられていたりするようですが、味や満足度という意味でどこまで昇華されているかは未知数です。

今回の例からも感じることは、日本の文化を海外に広く打ち出すために、Kickstarterのような海外のクラウドファンディングを利用する選択肢を考えていけるということ。

日本の文化をよりクールに再パッケージ化して、世界的なクラウドファンディングにてその可能性を問うてことは、世界展開の第一歩となると同時に、その商品に再び息を吹き込む行為となります。

世界にまだまだ知られていない日本文化が、広くに知られていくことを切に願いながら。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を