故人のデジタル資産を管理・相続するためのサービス「Planned Departure」

[2015/1/30]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-01-30 13.04.28

偶有性に満ちた、私たちの人生の中で、100%確実なこと。それは”死ぬ”ということだ。

テクノロジーが極限的に進化する時代において、この”死”をいかに捉えるかという存在論的議論は、益々大きくなっているが、これまでにない領域からこの死をサポートするサービスが増えてきている。

英国発の「PlannedDeparture」は、故人のデジタル資産にフォーカスした管理・相続サービスである。故人が残した写真や動画やデジタル化された書類、またFacebookアカウントやTwitterアカウント(フォロワー数含む)、そして電子書籍や購入した音楽、またPaypalのアカウントやマイルなどのポイント、そしてBitcoinなどもまとめて管理してくれる。

英国において、個人のデジタル資産は250億ポンド(約4,425億円)あると言われるが、故人が残したデジタル資産を価値にすることができない人が3分の1、また、デジタル資産にアクセスさえできない状態が全体の25%に上るという。

リアルな資産に関しての価値認識や法律には、歴史がある。しかし、このデジタル資産に関してはまだ未知数なことが多い。しかし、現代においてオンライン上及びクラウド上、また故人のデバイスに格納されている価値(プライスレスな価値を含めるわけだが)は決して小さくない。

故人しかしらないパスワードやその思いを、PlannedDepartureが保管することはもちろん、デジタル資産を家族に相続、時に慈善団体に寄付するようなことを指定しておくことができる。

気になる価格だが、月額1,99ユーロか、年間19,99ユーロ。もしくは一度に一生分199.99ユーロ支払うプランも用意されている。

スクリーンショット 2015-01-30 13.05.34

これからの”相続”は、お金や物理的なモノだけを指すわけではなくなりそうだ。いずれにせよ、時代のニーズを汲み取った”死”をテーマとするサービスは注目を集めていく。  

【クエスチョン】
・テクノロジーの進化を鑑み、故人と残された家族の幸福につながる、これまでにないサービスを考えてみよう!

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を