ドローンウェイターがついに商品化!ロボットレストラン普及への道程

[2015/2/12]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Singapore-restaurant-shows-off-autonomous-drone-waiters-01

以前、ロンドンの寿司レストラン「YO! Sushi」が、食事をドローンで運ぶ実験をしている件をご紹介した。

【参考】
世界初!イギリスの寿司レストランで利用される空を飛ぶウェイター「iTary」

そして、ついにシンガポールにて、ドローンウェイターが本格的に動き始めた。

Singapore restaurant shows off autonomous drone waiters

シンガポールのスタートアップが開発した「Infinium Serve」は、飲食店の運営のために開発されたドローン。センサーで人やモノを避けながら、重さ2kgまでの料理を運ぶことができる。

Singapore-restaurant-shows-off-autonomous-drone-waiters-02 
上の写真からも分かるが、現時点では、直接ドローンが各お客さんのテーブルに飛ぶわけではない。人間のウェイターの移動距離を少なくするために、近くの発着テーブルまで料理を運ぶというスタイルを取っている。

しかし、今後の進化の中で、より高度な利用方法が生まれてくることだろう。例えば、ドローンウェイターは、顧客にとっても様々なメリットがありそうだ。

・フロアを人が歩き回る粗雑さが減少し、食事やコミュニケーションに集中できる
・いらない食器は、ボタンを押して、ドローンに持って行ってもらえる
・スタッフは最小人数で運営できるため、食事の価格が安くなる可能性がある

どこかの飲食チェーン店が、導入を始めれば、一気にティッピングポイントを超えて広がる可能性がある。いずれにせよ、ドローンウェイター、ロボットウェイターは、遠くない将来、私たちの日常に浸透する可能性が高い。

【クエスチョン】
・安いドローンを購入し、実際に、ドローンを飛ばす体験をしてみよう!

Singapore-restaurant-shows-off-autonomous-drone-waiters-01

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を